新宝珠幼稚園

ますますピークを迎える暑さの中、1号園児さんは夏休み真っ最中、2号園児さんはぶどう組で水遊びを楽しんだり、3号園児さんも季節を感じながら毎日過ごしています♪

 地球温暖化の影響で年々夏の暑さが厳しくなり、この30~40年間で、都心の猛暑日(最高気温が35℃以上)はなんと3倍近くに増えているそうです、、、、
お家の中だとついついエアコンをガンガンにつけてしまいそうになりますが、体には優しくありませんよね。ちょっとした工夫をすることで涼をとることができる方法があるので紹介しますね。

◎保冷剤で首やわきの下を冷やす

首やわきの下には太い動脈が走っているので、この部分を冷やすと冷えた血液が全身に巡り、体温が低下します。
汗をかきやすい子どもたちもチャイルドシートに乗せるときに、この部分を冷やしてあげると汗が出にくくなりますよ。

◎お風呂上がりに足を冷水につける

入浴後に汗を引かせるには、最後に足を冷水につけると効果的。

◎体温を下げる食べ物をとる

スイカやキュウリ、冬瓜など、ウリ科の野菜には体温を下げる効果があるといわれています。トマトやなす、とうもろこしなどの夏野菜も夏バテ予防に効果的♪バナナ、パイナップル、メロンなど、南方産の果物も熱を下げる働きがあるので、夏は積極的に取り入れたいですね。

◎朝や夕方に打ち水をする

昔ながらの風習、打ち水。撒いた水が蒸発する事で空気中の熱を奪い、わずかですが気温を下げるというもの。お風呂の残り湯を再利用して、朝夕の涼しい時間帯に行ってみてはいかがでしょうか♪

園の概要
募集要項
教育方針
施設案内
園児の一日
バスルート
年間行事予定
課内授業
課外教室
新宝珠幼稚園ブログ
アレルギー対策について
認定こども園Q%ef%bc%86A