新宝珠幼稚園

今日4月28日(土)は3、4、5歳児の保育参観でした。
1、2歳児は3、4、5歳児の親子1日入園に合わせて行われます。6月です。お楽しみに。 3歳児は泣いている園児がいましたね。だからといって、何もやらなかった園児はいませんでした。どのクラスでも、幼稚園でどんな風に過ごすのかがわかってきた時期だからこそ、お家の方がいると甘えたくなったり、困らせたくなったのだと思います。
お製作(折り紙)もとても真剣に取り組み、それをお帳面に糊をつけて貼り付ける!ところまですることが出来ました。素晴らしいです。
4歳児は、4歳児の成長の過程で、
5歳児は5歳児の経験を踏まえたお製作に取り組みそれを保護者の皆さんにご覧いただきました。
いかがでしたか?先生の話は聞いていましたか?お友だちと譲り合っていましたか?
それぞれの学年によって、目指すところが違いますが、クラスが変わって新しい先生、新しいお友だちと過ごすことは同じで、まだまだ緊張の連続です。
大型連休があって、お家の方との楽しい時間があると4、5歳児は心の休養になりますが、3歳児は、入園当初のようになってしまうことがあります。
でも、心配はありません。本当に、日に日に色々なことを身につけていっていたので、安心して送り出してください。お家の方が「大丈夫」と・・・。
お家の方が焦ると子どもにも伝わります。ゆっくり落ち着いて見守ってください。
そして、お風呂に入っている時や食事の時に、お話しを聞いてあげてください。
給食も徐々に食べられるようになります。献立表をみて、似ているものを作って食べてみる、そんな工夫もしていただけると近道になるかもしれませんね。去年登場した「無限ピーマン」はピーマンが苦手の園児もおかわりをするくらい大好評でした。(栄養士さん調理員さんは大量のピーマンのタネとヘタをとり、切る。作業が本当に大変なんですが、残食が少なく、調理した甲斐がある!と話していました。)
子どもがお家でも作って欲しいとリクエストされた献立があれば、遠慮なく担任を通じて、栄養士に聞いてください。色々な種類の野菜が食べやすい大きさに切って、混ぜられています。嫌いなものを取り除くのは至難の技です。なので、自然と口に運ばれ、食べられるようになるのかも・・・と思ったりもします。5歳児になるとクラスの給食のおかわりが無くなると、他のクラスに残っていませんか?ともらいに回ったりすることもあるくらいです。お行儀、という点では、少々気になるところですが、それくらい何でも食べられるようになるので、時間をかけて対応しましょう。
送り出す時は明るく元気に、お迎えの時はギューとハグしてあげてくださいね。

園の概要
募集要項
教育方針
施設案内
園児の一日
バスルート
年間行事予定
課内授業
課外教室
新宝珠幼稚園ブログ
アレルギー対策について
認定こども園Q%ef%bc%86A